So-net無料ブログ作成
気が向いたら書く連載シリーズ ブログトップ

上手になるための最短ルート! [気が向いたら書く連載シリーズ]

はじめに・・・
あたしがこれまでにミニッツで経験した事を元に、
これからミニッツまたは、ラジコンそのものが初めて
って人を中心に、どうやったら上手になれるのか?

上手になるための最短ルートは存在するのか?
まさに「絵に描いた餅」を書いてみたいと思います。

あたしもこうやってやれば、近道だったかもなぁ~
って気持ちで書くので、これからミニッツを初めてみたい
お父さんは必見??????

ここには一切、無駄なものはありません。


第一章「導入」

話が長くなるので、いきなり導入からスタートします。
買う前からいきなり理想を書くとですね・・・
いきなりコースデビューを前提に近くで通えるような
サーキットを見つけてしまうのです。

ずばり、キットはそこで買う。

何が狙いかというと、確かに大型量販店で買った方が
数千円は確実に安い。でもね、買ったらその後の付き合いは
一切なくなるじゃん?所詮、一瞬の金だけの付き合いに過ぎない。

だったら、ご挨拶代わりに走りたいと考えているコースで
セットをそろえてあげた方が、お店の人は喜ぶし、
お店の人だって人間ですよ。安いからってどこでも買いに行って
分からなければ、みんなウチ任せかよ・・・って思わせることが
客としては、一番ナンセンス。

その辺は全てとは言いませんが、バランスが命です。
上手にやることが一番です。

みんな平等に扱ってくれるような店員さんでも人の子ですよ。
自分ちで買ってくれた人の方が、多少は違いが出てくると思うよ。

ここの導入時のラインをベストラインで通せば、
その後の勢いに雲泥の差がでます。


最初に必要なもの。

■レディセット
シャーシ+ボディ+プロポのセット。

■いきなり走ってみたい人は単4のアルカリ電池4本と、
プロポの電池単三8本(KT-5の場合)
KT-18は単4が本。

とりあえず、これだけあれば、
コース上で30~40分は走れると思います。

最初はどっち基盤が良いの?って言われれば、
値段だけで考えたら、AMのが安い。

でも、2.4G基盤は導入は割高感はあるけど、
その後に掛かる送受信機用のクリスタル購入の必要が
一切ないので、こっちも悪くはないが・・・

ホントにラジコンが初めてな方は、一番安いAMを薦めます。
なぜなら、安いので、万が一・・・失敗した・・・やっぱり
辞めた・・・って場合にも被害が一番少なく済みます。

最初から、いや俺はミニッツマイスターになるんだ!
と心に決めている方は、間違いなく2.4G車両を買いなさいww
マイスター狙いのあなたは、02シャーシをお勧めします。
015やその他の車は、02をしっかりやって覚えて
からで全然遅くありません。

まずは、一台の車でじっくりNモーターでミニッツや
コースに慣れることから始めることです。
ここで間違ってもVモーターとか余計なものは一切
必要ありません。タイヤもレディセット箱だしで十分。
但し、どんな車でもタイヤが一皮剥けるまでは我慢が必要です。

ここで一番超オイシイ方法は、
上手い人に、走ってもらって車をチェックしてもらいつつ、
この車は走れるんだ!ってことを自分の目で確認&イメージを
作りつつ、タイヤも一皮剥いてもらうという、いきなり大技炸裂(爆)

最初の電池は、捨て電池だと思ってやれば、そこから得られる
ものは、単4電池4本分以上の価値を得ることが出来る場合が
多いと思います。この辺は第2章で



第二章「走る」

ほら、
その気になれば、買った日にコースでビューできちゃったでしょ?
コースに入る前に、お店の人から、コースでの注意事項を良く聞いて、
ピットテーブルに座っていざ出陣って具合になりますが、
ここで、一発!周りに人がいたら、勇気をだして、

すみません~今日ミニッツ初めてのウルトラ初心者です~
ご迷惑おかけすることになりますが、宜しくお願いします~
と、周りに挨拶なんか、出来た日には、越谷なら間違いなく
明日から常連です。

越谷の常連ズは、40代前後の体育会系?職人系?のおっさん達が
多いので、この挨拶だけは、しっかりして欲しいところ。
最初はこんにちわ~とか、お先に帰ります~だけでも良いと思います。

たった、それだけのやり取りかもしれないけど、何度か顔を合わせて
いくうちに、なんとなく、「この前走ってたよね~」等、次の会話に
結びつけるきっかけができるじゃない。

極論は、こいつ可愛いじゃん!って思わせることが、
サーキットで楽しむ為の最初でありながら、一番の究極秘奥義
なのかもしれません。その後速くなって可愛く無くなるのは可です(笑)
すると今度はいじめられるようになりますがw、そうなればあなたの
走りは本物ですw

実は、あたしの知ってる人の中で、たまにここに書き込んでくれる
つーさんって方がいるんだけど、彼は、僅か1回でみんなと遊べる
ようになったみたい。これはまさにタイミングだと思います。

どこでもある程度の確立で通用する話だとおもうけど、シャイな人は、
お店の店長に頼んで紹介してもらうことが一番簡単な方法。
あたしの知ってるサーキットで話をすると、
伊那のチャンスサーキットと越谷のラジ天ならほぼ確実でしょう。
その日たまたま、世話好きの常連さんがいない場合は、次回に期待。
忙しくなければ、どっちの店長さんも面倒見よいしね。

その中でも、どうしてもお子さん連れで来なければならない場合は、
確実に越谷をお勧めします。周りの常連さんもお子さん連れの方が多いので
(考えてみるとこのお店は結構特殊)
パートのお姉さん(謎)や店員さんに懐いてるお子さんが多いので、
一緒に遊んでくれたり、子供同士で店内で走り回っていたりします。

それ以下のお子さんは、やっぱり親がちゃんと見てないと、何かあって
からではマジで洒落にならないので、そこは奥様の協力も必要でしょう。
でも、これまで見てきた感じじゃ、ベストラインは、小学生以上かな・・・。

さすが店長さんは、これにはもうね、さすがに慣れたよ(爆)
うちはコースに託児所があるんじゃないかっていう噂だから(苦笑)

と言っております。実は、週末はお子さん連れで走りに来られる
方も多いのですが、意外と子供って飽きっぽい(集中力が続かない)
ので、帰りたい・・・っていう子がいるんですよ。(ウチのガキも
最初はそうだった)そんな時に、お店の隅とかで、そこで知り合った
子供達で勝手に遊んでくれていると、お父さんはかなり助かります。

ウチも年に何度か子供をつれていきます。これまで子供と
いろんなところを走りに行きましたが、これまでトントンが好き~
って言ってた子供が、今度越谷いつ行く?って言うようになりましたね。
越谷の何がすきなの?って聞いたら、タヌタヌさんとか、みんな~
だって・・・子供は正直です。

独身の人も子供が出来ると越谷のありがたさが良くわかるようになります。
でも、今は青春を謳歌してください・・・・。

その他には、今では、ネットっていう便利なものがあるのでそれを
最大限活用することです。あたしも遠征等、行く際は、そこの速い方、
もしくは中心になってる方を探して、行こうと決めた数週間前から、
「近く遊びに参りますので・・・一つ宜しくお願いします」
みたいな打診を入れています。

だって・・・タダでさえ、誰も知らないところにいくんだもん・・・。
誰も知ってる人がいなかったら、かなり寂しいじゃないですか・・・。

だから、逆に来てくれると、もう嬉しくて。。
だって土地土地で色々やさしくしてくれたことが超嬉しいから。

今日は第二章まで書いてみましたが、
本気を出せば、あなたの明るさ次第で、購入したその日に
常連への礎を構築することが出来てしまうのです。

あくまでも、最初にも書いたとおり、
最短距離をいく場合のシュミレーションですが、
書いてるうちに、やっぱりやって出来ないことはないな・・・
気持ちさえあれば、そんな難しい話でもありません。

私の理想から考えると、上手になるのはここから先で十分です。
隠れて家で練習したって上手くはなりません。
ただ、右左、反対になったら逆になるの基礎程度のことを
学ぶことは賛成です。

続きはそのうち・・・w

気が向いたら書く連載シリーズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。